掛川市で着物買取業者を探したい

 

こんにちは、掛川市出身の恵美子です。
実家は愛野駅の近くで、どちらかというと袋井市寄りの所です。2歳の時に家族といっしょに東京から引っ越して来ましたが、以来高校を卒業するまでずっと掛川市に住んでいました。

 

高校は野球の名門校「掛西」。もちろん私は野球とは関係のない普通の生徒でしたが、毎年夏の甲子園大会や春の選抜大会になると学校全体が野球一色になり、応援の練習に明け暮れたのを覚えています。これもつい昨日のことのように思われます。

 

着物買取 掛川市

掛川は静岡県西部の中では浜松市、磐田市に次いで3番目に大きな市ですね。掛川城や花鳥園、また、ねむの木こども美術館などの観光スポットがあり、文化的な町としていつも誇りに思ってきました。

 

また、新幹線の駅があることは実家を離れた今、帰省するときに大変便利で助かることです。そして実家に帰るときにはいつも掛川の名産「掛川茶」を買っていきます。香り豊かな掛川茶は故郷の香りそのものであり、実家を離れた今でも毎日欠かさずいただいているんですよ。

 

そんな思い出や思い入れのある掛川ですが、実家の両親は高齢となり2人とも介護施設に入居中です。高齢になると生前整理を始める人も多いと聞きますが、「自分はまだそんな年寄りではない」と思っていたのか、何の整理もしないままあっという間に高齢となってしまったようです。

 

最近帰郷したのですが、その時に、家に残された両親の所持品について家族のメンバーとも相談する機会がありました。その結果、なるべく早いうちに整理したほうが良いということになりました。これには両親も賛成してくれたので、家に残された様々な物の整理を始めました。

 

着物買取 掛川市

ところが、整理し始めると、衣類や装飾品、本や日用品など想像を越える数の品があちこちから出てきて驚かされたのです。幸いなことに、ほとんどのものは簡単に処分できるものでしたが、特に処理に困ったのが、和服好きだった母が箪笥の引き出しにしまっていた着物でした。数も結構ありました。

 

「困った」理由は、その時、着物を簡単に買い取ってもらえるということを知らなかったからです。そのためしばらくはどうしたものかと思いあぐねていましたが、後で知人から、着物を買い取ってくれる業者がいるということを耳にしたのです。ネットでいろいろ調べ、結果的に、一番丁寧に対応してくれ予想以上の高額な買取りを提供してくれた業者さんを選んでほとんどの着物を売ることができました。

 

以下にその時に調べたいくつかの買取り業者をご紹介しますが、その中でランキング上位に挙がっている業者は、掛川市には店舗を持っていない業者です。店舗がないのにどうやって買取り?と思うかもしれませんね。でもご心配には及びません。担当者が家まで出向いてくれたり、宅配便で送り査定してもらい、後で支払いを受けるという方法で買い取ってもらえるのです。

 

また後半では、掛川市内に店舗を持っている買取り業者もご紹介します。ぜひ参考にしてください。

 

 

掛川市の着物買取業者おすすめランキング

 

バイセル(旧 スピード買取)
バイセル

 

着物買取り業者の中で1位のランキングに輝くバイセルは店舗を持たない経営方針を取っている業者です。バイセルが1位なのは、店舗を持たないことで経営コストが削減でき、その分を買取価格に還元できるからです。

 

ランキングは2018年5月に20代から60代の男女348名を対象に行われたインターネット調査によるものです。今回バイセルが総合で1位となったのは、「出張買取」「満足度」「女性が選ぶ着物買取り業者」において高い評価をもらったためです。

 

 

>>バイセルの公式サイトはコチラ

 

買取りプレミアム
買取プレミアム

 

「買取りプレミアム」は小銭や記念硬貨、またブランド品などの買取り品目の多さと買い取り額の高さが評判の業者です。その査定と買取り制にも定評があります。

 

そして忘れてはいけないのが近年需要の増えた着物の買取り。全国各地でのサービスが可能ですが店舗を置いていないため、査定・買取は出張による方法に重きを置いています。
ただ、女性の顧客の中には男性の査定員に来られることに不安を感じる人もいるのではないでしょうか。ただもしそうだとしても、心配はいりません。買取りプレミアムでは女性の査定員も在籍しているので、安心して出張買取のサービスを利用できます。

 

それでも「出張買取はちょっと」と言う場合には、宅配買取も提供しています。

 

 

>>買取プレミアムの公式サイトはコチラ

 

 

ザ・ゴールド
ザ・ゴールド

 

「ザ・ゴールド」は出張買取、宅配買取と併せて全国各地に店舗をおいている買取り業者です。ただ残念なことに、掛川市には店舗がないため、出張買取か宅配買取を利用することになります。

 

出張買取の場合、男性査定員の訪問に不安を感じないよう女性のスタッフが多数在籍しています。そのためシニアの女性の方でも安心してサービスを利用することができます。
更にこうしたスタッフは遺品査定士や終活カウンセラーなどのさまざまな資格を持っているので、着物買取りそのものだけでなく関連の相談事にも対応してくれるのがうれしい業者です。

 

また国内だけでなく海外にも独自の販売ルートを持っているので、より高額な買取りができる可能性があります。

 

 

>>ザ・ゴールドの公式サイトはコチラ

 

 

福ちゃん
福ちゃん

 

「福ちゃん」は、これまでの買取り数が200万点を超す実績を持つ業者です。福ちゃんも地域によっては店舗を置いていますが、こちらも残念ながら掛川にはお店がありません。そのため着物の買取りは出張か宅配になります。

 

サービスについては、電話などで問い合わせた時の対応が大変丁寧で、好感度が良いと高い評価をもらっています。わざわざ出張してきてくれる場合でも、丁寧に査定してくれ、結果として買取りが成立しなくても他の業者を紹介してくれるなど、ポジティブな評価が目につきます。

 

更には国内外に独自の販売ルートを持っているので、売れにくい着物も売れる可能性が高いとの評判もあります。

 

 

>>福ちゃんの公式サイトはコチラ

 

 

 

ヤマトク
ヤマトク

 

「ヤマトク」は創業28年になる買取り業者です。これまでの買取り数は1000万点以上。他の業者と異なるのは、店舗を持たないことと出張買取をしないことです。

 

つまり買取りは宅配買取のみになります。査定を申し込むと無料梱包キットが送られてくるので、それに査定に出したい着物を梱包して発送します。キットには段ボール箱(1つの箱に着物が15~20着入る大きさです)、ガムテープ、買取依頼書、発送伝票などが含まれます。

 

送った後に万が一査定をキャンセルすることも可能で、その場合には返送料だけが掛かりますがその他は無料で対応してくれます。査定員と直接話すことなしに査定を依頼して大丈夫だろうかと心配になるかもしれませんが、これまでの実績が心配のないことを物語っています。

 

 

>>ヤマトクの公式サイトはコチラ

 

 

 

掛川市のその他の着物買取業者一覧

キングファミリー掛川店
所在地 掛川市塩町7-1
電話番号 0537-61-7210
URL http://www.kingfamily.co.jp/shop/kakegawa
営業時間 10:30〜18:00(買取10:30〜17:00)
定休日 火曜日
行き方

 

東海道線の北側、塩町にあるパチンコ店「アイプリ塩町」の近くにあります。

正確にはパチンコ店建物のすぐ北側に塩町公園という小さな公園がありますが、キングファミリー掛川店はこの公園の向い側にある白い2階建ての建物の中にあります。道路際に「King Family 古着」と書かれた大きな看板が建っているので、それを目印にしてください。

 

ピックアップ掛川店
所在地 掛川市細田205-1
電話番号 0537-62-6081
URL https://www.pickup-japan.com/kakegawa.html
営業時間 10:00〜20:00
定休日 店頭にて告知
行き方

 

掛川市の西部、天竜浜名湖鉄道と東名高速道路に挟まれたエリアにあります。県道415号線の東細田交差点の所です。

広い駐車場を構えた店舗で、道路脇に「お売りください PickUp」と書かれた大きな看板があるのですぐわかります。

 

着物買取りのヒント

理由は何にしろ、いらなくなった着物を買い取ってもらうときには、せっかくですから高額で買い取ってもらいたいというのは誰しもが思うことですね。ただ、着物なら何でも買い取ってもらえるというわけではありません。高額での買取にはいくつかの条件や注意点があります。

 

着物の生地

まず、着物の価値を決める一番大きな要素「生地」についてです。

 

着物の生地には木綿、麻、ウール、絹、ポリエステルなどいくつかの種類があります。またこれらを混合した糸を使って作った生地もあります。この中で最も価値の高いのが「正絹(しょうけん)」と呼ばれる混じりけのない絹。

 

絹は作るまでに時間がかかるために高値になるのですが、それだけでなく感触が良く空気の通りも良いところから着心地が大変良い素材です。近年外見や手触りを絹に似せて作ったポリエステルの生地が開発され、高い技術によって見た目も絹に似ており、感触も柔らかく、より絹に近いものになってきています。ところが、絹の持つ感触の良さを再現するまでには至っていません。査定ではこの辺の違いの見極めが重要になります。絹の他、大島紬、結城紬、牛首紬など紬の生地で作った着物も比較的高額で買い取ってもらえます。

 

シミ・汚れ・虫食いなどがないかどうか

せっかく正絹や紬で作った着物でもシミ・汚れ・虫食いなどのダメージがある場合は買取価格が低くなってしまうこともあります。但し、業者によっては特殊クリーニングやメンテナンスサービスを提供している業者もあるので、ダメージの度合が軽ければそうした業者に相談してみるのが良いでしょう。そうすれば買い取ってもらえる可能性も高くなります。

 

特に絹は大変デリケートな素材なので、まだ傷みが発生していなければ、今からでも売るまでの間、防虫剤を使うなどのお手入れを怠らないようにしましょう。

 

有名な作家の作品かどうか

着物の中には有名な作家が制作した着物もあります。特に人間国宝に認定された人ですでに亡くなられた方の作品はそれ以上世に出ることはありませんから、非常な高値になります。

 

ただし、この場合でも保存状態が良くないとその分差し引かれてしまうので、注意が必要です。

 

証紙があるかどうか

「証紙」は着物の詳細を書き込んだ証明書で、洋服についてくるブランドのタグと同類の役割を果たします。

 

証紙には産地の登録商標、織元の名前、伝統工芸品マーク、機械織りか手織りか、生地の詳細(絹100%など)、染め方(泥染め)などの詳細が書きこまれています。

 

証紙があると、その着物の価値が判定しやすくなり、また、業者が第3者に販売する際にも証明書として役に立つため、買取価格も高くなります。

 

その他の要素

着物の丈が長いことも高額買取りの一つの要素になります。
着物とは便利なもので、どの着物も大き目に作ってあるので、体格が大きい人にも小さい人にも簡単に調整するだけで合うようになっています。特に体格の大きな外国人に販売する際に、丈が長いことはメリットになります。これも高額買取りの一つの要素になります。

 

さらに、着物とマッチした帯や帯揚げ、帯締め、草履、バッグなどの小物が付いていれば、高額で買い取ってもらえる可能性も高くなります。特に留袖や振袖などの礼装用の着物では、こうした小物をいっしょに揃えることが多いので、そういうものが良い状態で残っていればなおさら良いということになります。

 

まとめ

着物買取 掛川市

現在日本には数え切れないほどの着物が眠っていると言われています。ついこの間まで日本人の着物離れが一つの現象になっていましたが、最近は海外で着物の人気が高まっていることもあり、着物の需要が伸びているのです。

 

そうした背景の中、当記事でご紹介したように生前整理で着物を処分したいとか、引っ越しや断捨離などの理由で着物を手放すことを考えている方も多いのではないでしょうか。その場合、業者に買い取ってもらうのが得策ですが、業者には今回ご紹介したようにランキング上位の業者や掛川市内に店舗を持つ業者がいます。

 

また買取り方法には「店頭買取」「出張買取」「宅配買取」の3つがあるので、その中からあなたにぴったりの業者や買取り方法を選ぶことができます。

 

当記事ではその他、高額で売るためのポイントなどもご紹介しました。「ハッピーな着物の買取」ができるよう、ぜひ参考にしてください。

 

TOPへ